Event is FINISHED

【町歩き】町に息づく歴史と文化の散策〜番町・麹町界隈編〜

Description
【アーツ千代田 3331 特別企画展「ときを渡る〜“山王さん”を支えた町の150年〜」関連イベント】

今回の町歩きは、JR四ツ谷駅麹町口側にある四ツ谷御門跡地からスタート。四ツ谷御門跡地から半蔵門までの麹町大通り(新宿大通り)を中心に、江戸時代には大名屋敷が並び、明治には文化人が行き交った番町・麹町界隈を、木下氏の作品である「重ね絵」を見ながらたどっていきます。

建築家であり画家としても活動する木下氏は、江戸と現在の東京の姿を一枚の絵に重ねて描く「重ね絵」の制作に、歴史的観点だけでなく、都市景観の視点も交えて取り組んでいます。緻密な資料収集や時代考証を重ね、江戸城を取り囲んだかつての「三十六御門」を「環境」「防災」「経済」「伝承」の指針や拠点とすることを、未来の東京のあり方・まちづくりに向けて提言しています。


江戸検定一級を持ち、江戸の歴史や地理、文化に精通する木下氏と一緒にときを渡り、江戸〜明治〜現代にかけて変貌を遂げる東京中心部の景色やそこに立ち現れる昔の風景を想像しながら歩いてみましょう。

展覧会場では、町歩きでご紹介する「江戸城新三十六御門重ね絵図」を実際に展示しますので、町歩きとあわせてお楽しみください。

<イベント詳細>
日程:2018年06月3日(日)
時間:13:30-16:00
料金:2,500円 ※本サイトよりお申込ください
申込締め切り:6月1日(金)24:00

<講師 プロフィール>
木下栄三(画家、建築家)
1950年名古屋生まれ。東京・神田に勤務するようになって既に40年近くになる。建築設計を生業とし、合わせて画業も自身の生き方の一つとして続けている。さらに画業の一部として歴史や文化に親しみながらその遺産を記録し、絵として伝えることをライフワークとしている。ここ数年はその中でも特に「皇居と江戸城」に焦点を絞って、千代田、あるいは東京という都市との関連を眺め、その中から未来に向けた姿を考えることに興味を持って研究を続けている。


* 悪天候の場合、実施の有無を当日の午前11時までにアーツ千代田 3331よりお電話にてご連絡させていただきます。お申込みの際には、当日ご連絡可能な電話番号を必ずご記入ください。

* やむを得ない事情でキャンセルされる場合は、前日の6月2日(土)13時までに03-6803-2441またはws2@3331.jpまでご連絡ください。
-------------------------------------------------------------------------

アーツ千代田 3331特別企画展「ときを渡る〜“山王さん”を支えた町の150年〜」
展覧会特設サイト:http://sanno.3331.jp

Sun Jun 3, 2018
1:30 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
JR四ツ谷駅麹町口 集合
Tickets
参加費(資料、保険料含む) SOLD OUT ¥2,500
Venue Address
東京都新宿区四谷1丁目 Japan
Organizer
3331 Arts Chiyoda
1,553 Followers